妊娠から出産へ!入院に必要なものは?

出産は思いがけず、早まることがあります。

もし、予定よりも出産が早まった、直ちに入院しないといけなくなる可能性は十分に考えられます。

そうなった場合、入院に必要な物の準備ができていなかったら安心して赤ちゃんを産む準備もできません。

この記事で最後までチェックし、出産・入院で必要になる物をまとめておきましょう。

早めに準備し、パートナーである旦那さんとの共通理解を図り、出産に備えておきましょう。

 


出産時の準備物いつ頃から準備しておくべき?


入院に必要な物の準備期間

出産のための入院準備は、妊娠8ヶ月(妊娠28週~)頃から始め、臨月(~妊娠36週)に入る前までには準備しておくと良いでしょう。

入院に必要なものをリストアップしておき、体調がいいときに旦那さんも一緒に、入院に必要なものを揃えていけるといいですね。

臨月に入ると、いつなにが起きてもおかしくない状態なので、余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

出産時に必要な物はどこで買えるの?

マタニティグッズ・ベビー用品は、西松屋、バースデイ、ベビザラス、赤ちゃん本舗、UNIQLO、無印良品などで購入することができます。

 


入院時に必要なものは?


出産・入院手続きに必要なもの

・母子健康手帳

・診察券

・健康保険証

・入院必要書類

・印鑑

・入院前納金

 

 

入院時に必要な物品リスト

ママが必要なもの

入院物品個数
マタニティパジャマ

下着(産褥ショーツ、授乳用ブラジャー)

母乳パッド

産褥パッド

3枚~

3枚~

1パック

1パック

洗面グッズ(歯磨き・コップ)

食事グッズ(はし・コップなど)

入浴グッズ

メイクグッズ

バスタオル

フェイスタオル

ティッシュペーパー

3枚~

3枚~

箱ティッシュ1箱

骨盤ベルト

ストロー付きペットボトルキャップ

円座クッション

1本

1個

1個

陣痛乗り切りグッズ(テニスボール・うちわ・汗拭きシート・ホットアイマスク・メディキュット)など1個ずつ

 

◎その他に、身近な妊婦さん達に聞いた必須アイテム

・財布

・携帯&充電器

・カメラ&充電器

・延長コード

・おやつ&ゼリー飲料などの軽食

・リップクリーム(乾燥対策に)

・ホッカイロ(産後お尻がいたくなるそうなので)

・乳首クリーム

…などの意見がありました♬

 

※産院によって用意してくれているグッズがありますので、事前に産院に確認して準備して下さいね

 

 

入院・退院時に必要なもの

赤ちゃんが必要なもの

物品リスト個数
赤ちゃんの肌着
赤ちゃんの服
赤ちゃんお世話グッズ(おむつ・おしりふき・哺乳瓶・ミルクなど)
おくるみ

ガーゼ

 

5~6枚

チャイルドシート

 

 

 

※これも上記と同様に産院によって用意してくれているグッズがありますので、事前に産院に確認して準備して下さいね

 


入院の準備【里帰り編】


 

里帰り出産の流れ

里帰り出産を希望する人は、早めに産院に伝え、里帰り先の産院を決めましょう。

 

①受診した産院に早めに里帰り出産を希望していることを伝える。

 

➁里帰り先の病院を探し、予約する。

※この予約時に、里帰り先の産院からいつ、受診するよう連絡があると思います。

➂里帰り先の産院での妊婦健診を行う。

妊娠16~20週頃、妊婦健診を行う。

妊娠25週頃にバースプラン(どのような出産をしたいのかという出産の計画や入院中にどのように過ごしたいかという要望など、自分が希望する出産について産院と相談するために用いられます。)などの相談を行う。

里帰り後、妊娠33週頃から隔週で妊婦健診を行う。

 

 

里帰り出産のメリット・デメリット

 

😊メリット

・実母などに、出産・育児の相談ができる。

・産後、ゆっくり休める。

・自分と産まれた赤ちゃんだけのことだけ考えれる。

・足りないものの補充をすぐに頼むことができる。

😢デメリット

・旦那さんと離れる期間が長く、コミュニケーション不足になったり父親としての自覚をもつことが遅くなってしまうことがある。

・里帰り先の産院が遠い場合、緊急事態の時に里帰り先の産院が対応できず、転院する必要がある。

・遠距離の場合、移動が大変。

・いつもとは違う空間や生活習慣になってしまう。

 

などメリットとデメリット、両方が考えられます。

 

 

里帰り先への移動手段

◎車

もし自分で運転するのは、お腹が大きくハンドル操作がしづらくなりますし、妊娠中は注意力散漫となるため出来る限り、旦那さんや家族に車で送ってもらうほうがいいでしょう。

 

◎電車・バス・新幹線

妊婦に特に問題はありませんが、満員になる時間帯や長時間立ちっぱなしになってしまうことは避けて、空いた時間に余裕をもって帰省することをおすすめします。

 

◎飛行機

出産予定日の28日以内なら医師の診断書、7日以内ではさらに医師の同伴が必要になってきます。

飛行機に乗らなければならない場合、余裕をもって妊娠34週までに帰るようにするほうがいいでしょう。

 

 


入院準備 突然の陣痛に備えて


 

陣痛はいつ来るか分かりません。

旦那さんやその他の家族(両親、義理の両親、兄弟)などがいる場合は、産院まで送ってもらえますが、もし一人の場合は陣痛の痛みがある中、運転をすると大きな危険性を伴いますよね。

そこで、利用できるのが妊婦の送迎を行ってくれるタクシーサービスの“陣痛タクシー”です。

 

 

突然の陣痛に備え陣痛タクシーの登録を

陣痛や破水が来たら、速やかに産院へ向かう必要があります。

しかし、病院へ向かうまでの移動手段は意外と限られているものであり、バスや電車など公共交通機関は推奨されません。徒歩・自転車・自分で運転してむ向うことはできないでしょう。

そんな中、近年登場し急速に広まっているサービスが“陣痛タクシー”(マタニティータクシー)なのです。

陣痛タクシーのいいところは、24時間年中無休で対応してくれる道案内の必要がない出産前後も利用可能(ママの定期健診や乳児健診などにも利用できる)ところです。

陣痛タクシーは、お産になれたドライバーさんなので安心して気軽に利用することができます。

 

 

 

入院準備の1つ陣痛タクシーに登録を

 

陣痛タクシーを利用するためには、事前に登録しておく必要があります。

 

①陣痛タクシーサービスを提供しているタクシー会社のホームページをみて、自分の住んでいる地域が対応しているかの確認をして下さい。

陣痛タクシーサービスを提供しているタクシー会社や住んでいる場所によっては、対応していない場合もあります。

自分の住んでいる地域が対応している場合、web申し込みをするか電話をかけて登録することができます。

 

➁その際に、住所、緊急連絡先、かかりつけの産院、出産予定日などの登録を行います。

登録完了すれば、これで準備OKです。

 

➂陣痛や破水が起きた場合、事前に言われたタクシー会社の連絡先に電話するだけで家まで来てくれ、かかりつけの産院へスムーズに送り届けてくれます。

 

利用する上での注意点

 

破水・陣痛が来たら、まず「産院」へ連絡を行い、指示を仰いでください!

陣痛タクシーの連絡先を常に持ち歩くようにしてください!
→携帯の電池切れなどの思わぬトラブルも起こりうることがあります。持ち運びが可能なモバイルバッテリーも常に持ち歩くようにしましょう。

 

携帯だけでなく母子手帳などに陣痛タクシーの連絡先を書いておくことをおすすめします。

 

陣痛タクシーの料金は?

陣痛タクシーには特別料金がつくのではないのか?など、高額なイメージがあるかもしれません。

しかし、ほとんどのタクシー会社が、運賃+送迎料が数百円ほど付く(登録料は無料)だけで、普通のタクシー利用とほとんど変わらない料金です。

普通のタクシーと同様に、早朝・深夜には割増料金となることもありますが、これも普段と変わりありません。

そのため、安心して利用することができるのです。


出産・入院準備についてのまとめ


陣痛や破水はいつ起こるか分かりません。もし予期せず陣痛や破水が起きた場合、速やかに産院へ向かう必要があります。

ここで述べてきたように、入院で必要なものは余裕をもって準備しておき、安心して出産に臨みましょう♬

対応が遅れてしまうと、赤ちゃんだけではなく、お母さん自身も命の危険にさらされてしまいます。

このことを旦那さんにも十分理解してもらい、一緒に準備を行うことで父親になるという自覚ももちやすくなるかもしれませんね♪

大切な命を守るためにも、しっかりと準備をし色んな壁を乗り越えていけるようにしましょう。

備えあれば憂いなし!・・・その通りかもしれませんね😊

 

アロベビー 葉酸サプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください