離乳食の進め方が分からない方へ 月齢別の離乳食の進め方

私自身もそうだったから分かるんですが、初めての離乳食はまさに未知との遭遇ですよね。

初めての離乳食では赤ちゃんに何を食べさせたらいいのか、何を食べさせてはいけないのか、そういったことがわからないママさん・パパさんも少なくないことでしょう。

今回はそんな離乳食の進め方がわからないママ・パパに向けて、赤ちゃんの年齢毎の離乳食の進め方と食べさせる物をご紹介していきたいと思います。

この記事を読めば赤ちゃんに必要な栄養を安全にしっかりと与えることができますので、是非最後までお読みください♪

離乳食はいつごろから始めるべき?


離乳食は体の機能がまだ未熟な赤ちゃんが「食べる」という事ができるようになっていくための練習です♪

産まれた赤ちゃんは液体(ミルク)を飲むという能力は持っていますが、形がある物を噛んで飲み込むという能力はもっていないので、時間をかけこの「食べる」という能力を身に付けていく必要があります。

離乳食の進め方を時期別に紹介!

一般的に目安とされているのが

  1. 生後5カ月~6カ月が経過した。
  2. 首がすわり、支えればお座りをすることができるようになった。
  3. 大人が食べているのに興味をもち、食べたそうな様子が見られる。

離乳食に取り組む時期にはやはり個人差があり、取り組む時期に多少の前後が生じるかもしれませんが、母乳の栄養素も落ちてくる6カ月のうちには取り組んでいくことをおすすめします。

離乳食の進め方の目安

月齢咀嚼の段階進め方
5~6カ月ゴックン期この時期は液体よりも少しとろみのあるトロトロの離乳食を、唇を閉じて飲み込むのがやっとの時期。食材を裏ごししたり、すりつぶしたりし、なめらかに調理します。慣れてきたら少しずつ水分を減らし、ケチャップ状にしていきましょう。
7~8カ月モグモグ期舌を上下に動かし食べ物を上あごでおしつぶしてモグモグするようになってきます。食材の硬さは絹ごし豆腐の硬さを目安にしましょう。ツブツブ状にすりつぶすか、みじん切りにすることがおすすめ。パサつく魚や肉にはとろみをつけてあげましょう。
9~11カ月カミカミ期舌でつぶせない大きさや硬さの食材を前歯で噛み切り、左右に寄せ、歯茎で噛み噛みできるようになってくる。大人とほぼ同じ噛み方になってくる。食材の硬さは完熟のバナナぐらいを意識しましょう。
1歳~1歳半パクパク期柔らかく茹でた輪切りのニンジンを前歯で噛み切れるようになってくる。にんじんグラッセや柔らかい肉団子くらいの硬さが噛む練習に最適です。大人と同じ物を食べるのはまだ先なので引き続き食べやすく調理しましょう。

 

この4つの時期はあくまでも目安です。

目安通りにいかないからと言って焦る必要はありません。

発達には個人差がありますので、焦らず、赤ちゃんの様子に合わせながら取り組んでいきましょう。

離乳食の進め方をわかりやすく月齢別で紹介


離乳食の進め方 5カ月~6カ月頃(ゴックン期)

離乳食に取り組む前に

  • 生後5カ月~6カ月が経過した。
  • 首がすわり、支えればお座りをすることができるようになった。
  • 大人が食べているのに興味をもち、食べたそうな様子が見られる。
  • 体調・機嫌が良いか?

という事を確認しましょう♪

この月齢時は口のまわりの筋肉が未発達で、トロトロの食材を飲み込むだけで精一杯です。

ざらつきや塊は嫌がるのでなめらかに調理し、赤ちゃんに提供しましょう。

最初の1カ月目の目標は母乳やミルク以外の味に慣れ、ゴックンと飲み込めるようになることです。

ママにとっても初めての離乳食。

「おいしいね~♬」とゆったりお話しながら少しずつ進めていきましょうね。

この1カ月程でおかゆ・野菜・たんぱく質源食品に慣れたら、硬さはそのままで2回食にしていきましょう。

(この時期に守りたいこと)

●米がゆ(10倍がゆ)からスタートする。

●おかゆに慣れてきたら少しずつ野菜も与えていく。

●野菜に慣れたら、たんぱく質源もプラス。(豆腐・鯛など)

●初めての食品は1さじ分から与えていく。(1さじは計量スプーン小さじ1杯のこと 容量は5ml)

●パン・うどん(小麦製品)は6カ月から与えましょう。

●食事は1日1回。(1カ月を過ぎたら1日2回にしましょう)

(次のステップへ移る目安)

  • 水分を減らしたベタベタ状の離乳食を、口をモゴモゴ動かして食べられるようになる
  • 1回に主食とおかずを合わせて子どものお茶碗半分程は食べられるようになる。
  • 1日1回のまたは2回の離乳食を喜んで食べられている。

こちらが確認できれば、次のステップへ移りましょう。

離乳食の進め方|5カ月~6カ月の赤ちゃんがいるあなたが離乳食で気を付けなければならないこと

離乳食初期 10倍粥の美味しい作り方

離乳食に使える調味料をリストにしてみました

【離乳食】リンゴはいつから|リンゴは離乳食に最適!?

【離乳食|パン】パンを離乳食に使う前にチェック

離乳食の進め方 7カ月~8カ月頃(モグモグ期)

豆腐くらいの硬さのものを舌や上あごでつぶして食べる練習の時期です。

モグモグ期には赤ちゃんの舌は前後だけではなく上下にも動かせるようになっていく。

食べ物を舌や上あごでつぶし、唾液と混ぜ合わせ食べれるようになってきます。

この時期は食べられる食材も増えてくるので、いろんな味にチャレンジしていきましょう。

(この時期に守りたいこと)

●卵は卵黄から、肉は鶏ささ身からスタートしましょう。

●魚は鮭、マグロ、カツオなどがOK。

●牛乳を母乳やミルクの代わりに飲むのはダメ。調理には70mlくらいまでOK。

●ベタベタ状に柔らかなかたまりを混ぜる状態から、舌でつぶせるようなツブツブご飯へ移行。

●食事は1日2回。

(次のステップへ移る目安)

  • 豆腐くらいの柔らかなかたまりを口を動かして食べれている。
  • 1回の食事で子どものお茶碗1杯分は食べられるようになる。
  • バナナの薄切りを食べる際、歯茎で噛むようなしぐさがある。

こちらが確認できれば、次のステップへ移りましょう。

【離乳食|中期】に移行前に必ずチェックを!~生後7カ月~8カ月になる赤ちゃんがいるあなたへ~

離乳食のお粥【7倍粥】はいつから?|移行時期や作り方

ぶりは離乳食に大活躍!?いつから離乳食に使うべき?

離乳食の進め方 9カ月~11カ月頃(カミカミ期)

歯茎でつぶして食べたり、前歯でかじることを覚えてくる時期です。

口のまわりの筋肉が発達し、舌でつぶせない食べ物は左右に寄せて歯茎でつぶせるようになってきます。

この時期には前歯で食べ物をかじり、口に入る適量を覚えてきます。

手づかみで食べる際、口の中に手も入ったり、詰込み過ぎて「おえっ!」となってしまう事もありますが、口に入る適量を知るための大切な経験です。

この時期に見られる”遊び食べ”も自分で食べる意欲を育てるための重要な家庭なのでママのストレスにならない程度に見守っていきましょう。

子どもの栄養のメインが離乳食となってくる時期です。

赤身の魚や肉、小松菜、納豆など鉄が豊富な食べ物を積極的に摂っていきましょう。

(この時期に守りたいこと)

●9カ月になったら食事は1日3回にしていく。

●赤身の魚や肉、小松菜、納豆などで鉄の補給を意識しましょう。

●足をしっかり踏ん張れる姿勢の椅子に座って食事を行いましょう。

●遊び食べもある程度受け入れ、見守っていきましょう。

(次のステップへ移る目安)

  • 朝昼夜の3食をきちんと食べられるようになった。
  • 口がリズミカルに動かせるようになり、バナナくらいの硬さのものをスムーズに食べられるようになる。
  • 自分で手づかみをして食べられるようになる。

こちらが確認できれば、次のステップへ移りましょう。

【離乳食後期】の進め方|離乳食後期に移る前にこちらをチェック!

離乳食で里芋を与える前にチェック!

なめこを離乳食で与えて大丈夫?そんな疑問を抱えているあなたへ

離乳食の進め方 1歳~1歳6カ月頃(パクパク期)

肉団子くらいの硬さの様々な食べ物をしっかり噛んで食べる練習の時期です。

まだ奥歯は生え揃わないので噛む力は十分ではありません。

歯茎で噛める硬さの食べ物で噛む練習をしていきましょう。

この時期にふわふわ・もちもち・カリカリなど様々な食感を経験することで食べ物の形に合わせた噛み方に変える調整力が育ちます。

手づかみでの食事をたくさん経験することで少しずつスプーンを使う事ができるようになってきます。

2歳~3歳まで、時間を掛けながらスプーンの練習もしていきましょう。

(この時期に守りたいこと)

●手づかみ食べ+スプーンを使う練習を始める。

●主食は軟飯からご飯に移行していきましょう。

●食事は3回+おやつ1~2回にしましょう。

●1歳を過ぎたら飲み物として牛乳もOK。1日300~400mlを目安にしましょう。

(次のステップへ移る目安)

  • 3回の食事をきちんと食べ、必要な栄養のほとんどを食事から摂ることができる。
  • 前歯で食べ物をかみ切り、歯茎で噛んで食べられる。
  • さらに、コップで牛乳や麦茶を飲めるとなお良いでしょう。

こちらが確認できれば、次のステップへ移りましょう。

離乳食を進め方 与える時の注意点


離乳食を進めていくときには以下の事に注意していきましょう。

離乳食の進め方 新しい食材は1さじから(1さじは計量スプーン小さじ1杯のこと 容量は5ml)

この理由は赤ちゃんはタンパク質を消化吸収する機能が未熟なのでアレルギー反応を起こしやすいからです。

タンパク質は多くの食べ物に含まれているため、どんな食べ物でもアレルギー症状を示す可能性があるのです。

赤ちゃんの体調も良好で、何かあった時にすぐに受診できる時間帯に行うとより安心ですね。

離乳食で初めての食材を与える時はしっかりと加熱を

大人よりも細菌に対する抵抗力が弱いため、食べ物の中心温度が75℃で1分以上加熱すると安心です。

離乳食では塩分の分量に注意を

赤ちゃんは腎臓機能の発達が未熟なため塩分を摂りすぎてしまうと赤ちゃんの体に負担がかかってしまいます。

離乳食では食べ物に元々含まれている塩分量で十分と言われています。

かつお節はタンパク質が細かく分解されているため、消化吸収しやすく、食物アレルギーの原因になることもほとんどないのでかつお節からとった「かつおだしや」色んな野菜を煮た「野菜スープ」重宝します♪

加工食品であるソーセージ、ハム、ベーコンは脂肪分が多く、塩分も多い食材なので注意が必要です。

6カ月(ゴックン期)は基本的に味付けはなし。

7カ月(モグモグ期)以降、調味料を使う場合は少量で風味付け程度と覚えておきましょう。

離乳食に使える調味料はこちら↓

離乳食に使える調味料をリストにしてみました

離乳食の進め方 与えてはいけないもの

1歳未満の乳児がハチミツを摂取すると、腸管内でボツリヌス菌が増殖し、毒素で呼吸困難、便秘などの症状を引き起こす危険があるため、与えないようにしましょう。

ハチミツ以外にも土壌や泥砂中に分布しているボツリヌス菌が含まれている可能性がある「黒糖」も与えないようにしましょう。

そしてナッツ類も与えない!

窒息の危険や、気管支に入りやすいので肺炎を起こす可能性があります。

飲み込む能力が未熟な3歳頃までのお子様には、ナッツ類を与えない方が安全でしょう。

この他にも、注意しなければならない食材はあるのでチェックしていきましょう!

離乳食を進めながらアレルギーのチェックを

鶏卵のアレルゲンの大部分は卵白なので、離乳食ではアレルゲン性が低い卵黄から始めましょう。

しっかりと茹でた卵黄だけを取り出し、ごく少量から試しましょう。

このほかにもアレルゲンはあるので、少しずつ離乳食を進めながらしっかりと観察・チェックをしていきましょう。

アレルギー反応には即時型反応非即時型反応があります。

即時型反応

食後2時間以内に意識障害や血圧低下などの全身性症状が出ること。

もし、このような症状が出た場合はすぐに病院へ行きましょう。

非即時型反応

食後6~8時間後に起こる遅発型と、1~2日後に起こる遅延型反応のこと。

自己判断で治療せず、必ず医師の診断を受けましょう。

(アレルギー症状)

症状としては蕁麻疹、むくみ、赤み、湿疹、咳、ぜん鳴(ぜいぜい、ヒューヒュー)、嘔吐、下痢、血便、意識障害や血圧低下など


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

離乳食に限らず、それぞれの家庭環境や赤ちゃんの個人差によって子育てにも様々な違いが見られると思います。

今回お伝えしてきた内容も、あくまでの参考の1つにしていただき、それぞれの環境にあったものを選んでくださいね。

赤ちゃんの大切な命に関わってくる食事。

安全で十分な栄養を与えてあげると同時に、食べることの土台になる”食事って楽しい!”という想いも赤ちゃんの時期からしっかり育ててあげたいですね😊

離乳食の食材で我が家でも活用しているのがこちら。

パルシステム おためしセット

一人で子育てをされてあるママさんがお子さんを連れて買い物に行くのはすごく大変ですよね。

生産者がわかる安心、安全な食材。

そして自宅まで届けてくれる。

ものすごくありがたいですよね。

安心・安全な食材を自宅まで届けてくれるという事でスーパーでのお買い物と比べると値段が高くなってしまうのがネックですが・・。

買い物の労力や時間の削減を考えると、価格相当の価値はあると感じています。

生協【pal☆system】の宅配は送料は無料です。

ご希望の方には資料(カタログ)を別途で届けてくれます。

離乳食に便利な食材やベビー用品を掲載したカタログ、アレルギーに対応したカタログなどもあり、赤ちゃんや小さいお子様がいらっしゃる方は手数料の割引などうれしい特典もあります。

資料請求だけでも、生協【pal☆system】の人気商品のプレゼントもあるのでこの機会にぜひご活用ください♪

資料請求は下のアイコンから行えます


宅配食材のパルシステム

お子さんの睡眠に関する記事はこちらから↓

赤ちゃんが寝る為に欠かせない事

赤ちゃんの睡眠サイクル・寝かしつけのポイント

赤ちゃんが寝るために欠かせない睡眠のルーティーン

赤ちゃんが寝る為に必要な幸福感

赤ちゃんが寝る為の環境づくり

お子さんのスキンケアに関する記事はこちらから↓

赤ちゃんのお股の洗い方・拭き方~お股のスキンケアの大切さ~

赤ちゃんのお股の赤みを解消~お股のスキンケア~

赤ちゃんに大切なスキンケア方法~健やかなお肌の為に~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください