離乳食の進め方|5カ月~6カ月の赤ちゃんがいるあなたが離乳食で気を付けなければならないこと

離乳食、どう進めていくの?と不安に感じているあなたへ。

今回は赤ちゃんの月齢が5カ月~6カ月の赤ちゃんをもつあなたへ、離乳食を進めていくときに注意すべき事をわかりやすくまとめていきます。

生きていく上で欠かせない食事の基盤となる離乳食。

この記事を見て親子で楽しく離乳食に取り組み、”食事って楽しい”と心から感じてくれる心の土台も作っていきましょう♪

離乳食に初めて取り組んでいかれる方はこちらもチェックを↓

離乳食の進め方が分からない方へ 月齢別の離乳食の進め方

離乳食に使える調味料をリストにしてみました

離乳食の進め方【5カ月~6カ月】気を付けること


離乳食で食事の楽しさを感じさせてあげましょう

赤ちゃんがの離乳食に取り組む時、離乳食の目的を見失わないようにしましょう。

「食事って楽しい!」と赤ちゃんが感じる為の基盤を作っていくこの時期。

最初はゆっくり進めていこう思っていても実際に離乳食が始まると、

”量はこれであってる?”

”数種類ずつ与えちゃだめ?”

など、いろんな疑問や不安が増えてくると思います。

大人の方が離乳食に対して嫌悪感を抱いてしまうなんてことも・・。

子どもは大人が思っている以上に大人の感情や雰囲気を無意識に感じ取ります。

離乳食に関しての進め方や月齢別の取り組み方などここでもたくさんお伝えしていきますが、あくまでも目安として頭に入れておき赤ちゃんの体調や状態に応じて進めていくことを忘れないでください。

食事の楽しさを周りの大人が忘れず、焦らず、ゆっくりと取り組むことを忘れないようにしましょう。

【5カ月~6カ月】は、とにかく”慣れる”を第一に

5カ月~6カ月の離乳食でとても大事なのは食べる行為そのものに慣れるということです。

「飲む食事」から「食べる食事」に切り替わっていくこの時期。

練習もなしに、最初から上手にゴックンできる赤ちゃんはいませんからね。

お口を閉じて食べものをしっかりと飲み込めるかを意識し見守り、取り組んでいきましょう。

母乳・ミルクからじゅうぶんな栄養がとれるので、食べる量や栄養のバランスなどにこだわる必要はありません。

赤ちゃんの食卓での様子や体調を十分に考慮しながら取り組んでいきましょう。

離乳食を進める時は赤ちゃんの機嫌や健康状態のよい時に

赤ちゃんの体調によってアレルギーのような症状が出やすくなることもあり、アレルギーチェックを行う際、判断がしにくい状態になってしまいます。

また、赤ちゃんの機嫌によって食べてくれないなんてこともよくあるので、体調や機嫌がいいときに取り組むことを心掛けましょう。

離乳食【5カ月~6カ月】の時期は1さじから(計量スプーン小さじ1杯 容量は5ml)

この理由は赤ちゃんはタンパク質を消化吸収する機能が未熟なのでアレルギー反応を起こしやすいからです。

タンパク質は多くの食べ物に含まれているため、どんな食べ物でもアレルギー症状を示す可能性があるのです。

赤ちゃんの体調も良好で、何かあった時にすぐに受診できる時間帯に行うとより安心です。

離乳食を進めながらアレルギーのチェックを

鶏卵のアレルゲンの大部分は卵白なので、離乳食ではアレルゲン性が低い卵黄から始めましょう。

しっかりと茹でた卵黄だけを取り出し、ごく少量から試しましょう。

このほかにもアレルゲンはあるので、少しずつ離乳食を進めながらしっかりと観察・チェックをしていきましょう。

アレルギー反応には即時型反応非即時型反応があります。

即時型反応

食後2時間以内に意識障害や血圧低下などの全身性症状が出ること。

もし、このような症状が出た場合はすぐに病院へ行きましょう。

非即時型反応

食後6~8時間後に起こる遅発型と、1~2日後に起こる遅延型反応のこと。

自己判断で治療せず、必ず医師の診断を受けましょう。

アレルギー症状

症状としては蕁麻疹、むくみ、赤み、湿疹、咳、ぜん鳴(ぜいぜい、ヒューヒュー)、嘔吐、下痢、血便、意識障害や血圧低下など

離乳食の進め方【5カ月~6カ月】調理のポイント


離乳食の進め方【5カ月~6カ月】まずは10倍粥から

離乳食のスタートは10倍粥からです♪

作り方はこちらをチェックしてください↓

離乳食初期 10倍粥の美味しい作り方

そして、次のステップはこちら。

分量など、比較してみて下さい♪

離乳食のお粥【7倍粥】はいつから?|移行時期や作り方

【5カ月~6カ月】での塩分は体に負担となる

まだ消化器官が未発達なため、この時期に塩分を摂取し過ぎてしまうと赤ちゃんの体への負担となってしまいます。

食材自体にも塩分が含まれていますのでこの時期の離乳食に味付けは必要ありません。

この、離乳食に使える調味料をリストにしてみました

でもわかるように、離乳食初期のこの時期には調味料はほとんど使わず、素材の味で離乳食を進めていくことが大切です。

離乳食【5カ月~6カ月】は、ポタージュ状の物を

離乳食初期のこの時期は赤ちゃんの消化器官は未発達で、体内で分泌される消化酵素も不十分です。

そのため、消化吸収にたくさんの時間が必要になってきます。

この時期はざらつきのない、なめらかなポタージュ状か、プレーンヨーグルトくらいが目安です。

慣れてきたら水分を減らし、ベタベタ状にしていきます。

離乳食【5カ月~6カ月】食べさせる時のポイント


離乳食を進める回数

おっぱい・ミルク以外の味に慣れさせる離乳食デビューの時期です。

授乳時間の1回を離乳食タイムしましょう。

1カ月を過ぎたら1日2回に増やします。

2回食にするときは、離乳食の間隔は4時間以上あけましょう

離乳食1回の食事量

どの食材も1さじから少しずつ増やしていきます。

10倍がゆは1さじから始めて、慣れたら大さじ2~3くらい。

野菜・果物は1さじから15~20gまで。

タンパク質源食品は、豆腐1さじから始め、25gまでが適量。

肉・卵・乳製品はまだ与えないでください。

離乳食を進めていく間隔の目安

具体的な進め方・量の増やし方はこちらを参考にして下さい。

10倍粥

1~2日目 ・・・1さじ

3~4日目 ・・・2さじ

5~7日目 ・・・3さじ

その後は14日目くらいまでに5~6さじまで増やす。

ビタミン、ミネラル群

離乳食に取り組み始めてから6日目~7日目に取り入れてみましょう♪

1さじを3日間継続。

特に異常がなければ4日目からは2さじを3日間継続。

その後1さじずつ増やしていく。

たんぱく質

離乳食に取り組み始めてから10日目~11日目あたりからを取り入れてみましょう♪

1さじを2日間継続して与える

3日目からは2さじに増やしていく。

※あくまでも目安ですので、赤ちゃんの食卓での様子や状態に合わせて調整されて下さいね。

離乳食の温度

離乳食の温度は熱すぎても冷たすぎてもダメです。

離乳食ができた直後にあげてしまうと火傷の原因にも。

冷たすぎるものは大人でも食べたくないですよね。

離乳食に慣れていない赤ちゃんは食べるのに時間がかかってしまうので途中で冷たくなってしまいがちです。

そんな時は、電子レンジで少しチンすると、食欲が回復することもあるので試してみて下さい。

離乳食は空腹になる前にあげる

赤ちゃんが空腹の状態になってしまうと不慣れな離乳食ではもどかしく、飲みなれたおっぱいやミルクを求めます。

空腹の状態だとあまり食べてくれないことがあるので空腹になりすぎないうちに食べさせましょう。

離乳食の食べさせ方

  1. 下唇をスプーンでトントン。軽く触れます。
  2. 口を開けたらスプーンを唇と平行にし、下唇に置く。
  3. 赤ちゃんが上唇で挟み、口の中に取り組むのを待ちましょう。
  4. スプーンを水平に引き抜く。

こうすることで、赤ちゃんの咀嚼力を促すことができます。

この咀嚼力が育っていないと、【7カ月~8カ月】のモグモグ期になった時にうまく咀嚼ができずに、離乳食が進みにくいことがあります。

  • 食べさせる時に注意すべき事

上あごに擦り付けることはやめましょう

赤ちゃんが自分で離乳食を取り込むための口の動きがなされず、離乳食を口の中に取り込む練習になりません。

口の中に十分なスペースを確保する。

一口の量が多すぎると口の中が満杯になってしい、噛まずに飲み込んでしまう事に繋がります。スプーンの前半分程くらいの量を心掛けましょう。


(次のステップへ移る目安)

  • 水分を減らしたベタベタ状の離乳食を、口をモゴモゴ動かして食べられるようになる
  • 1回に主食とおかずを合わせて子どものお茶碗半分程は食べられるようになる。
  • 1日1回のまたは2回の離乳食を喜んで食べられている。

こちらが確認できれば、次のステップへ移りましょう。

赤ちゃんの様子や状態に合わせ、進めていくことが大切な離乳食。

トライ&エラーを何度も繰り返しながらゆっくり進めていきましょうね♪

そして、離乳食作りや与えることにママやパパが負担に感じ過ぎないように、負担を軽減できるところは軽減しちゃいましょう。

現在、離乳食は様々な種類のものが市販されています。

こちらも活用し、ママやパパも無理なく進めていってくださいね😊

こちらは離乳食初期から使えるセットです。

味の参考にもなるので、購入されてみてはいかがでしょうか?

離乳食初期に慣れてきたら・・

離乳食初期に慣れてきたら、中期の準備もお忘れなく!

【離乳食|中期】に移行前に必ずチェックを!~生後7カ月~8カ月になる赤ちゃんがいるあなたへ~

離乳食【初期・中期・後期・完了期】に使えるお魚一覧

離乳食のお粥【7倍粥】はいつから?|移行時期や作り方

ぶりは離乳食に大活躍!?いつから離乳食に使うべき?

なめこを離乳食で与えて大丈夫?そんな疑問を抱えているあなたへ

こちらもチェックし、余裕をもって離乳食中期に臨みましょう♪

お子さんの睡眠に関する記事はこちらから↓

赤ちゃんが寝る為に欠かせない事

赤ちゃんの睡眠サイクル・寝かしつけのポイント

赤ちゃんが寝るために欠かせない睡眠のルーティーン

赤ちゃんが寝る為に必要な幸福感

赤ちゃんが寝る為の環境づくり

お子さんのスキンケアに関する記事はこちらから↓

赤ちゃんのお股の洗い方・拭き方~お股のスキンケアの大切さ~

赤ちゃんのお股の赤みを解消~お股のスキンケア~

赤ちゃんに大切なスキンケア方法~健やかなお肌の為に~

Mi+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください