【離乳食|なめこ】いつから?疑問を抱えているあなたへ

離乳食が進み、様々な食材を試していると「なめこは与えていいの?」「いつから与えていいの?」と、疑問に思う事がありますよね。

今回は離乳食を進めてあるあなたへ”なめこ”を与える時に大切なこと”をまとめます。

離乳食になめこを使う前に、この記事を読んでなめこを離乳食で与える時大切なことを確認し離乳食に取り入れていきましょう♪

Mi+

なめこはいつから離乳食に使えるの?


なめこを離乳食に用いる時期

なめこは生後7~8ヶ月の離乳食中期(モグモグ期)から食べさせて大丈夫です。

7~8カ月モグモグ期舌を上下に動かし食べ物を上あごでおしつぶしてモグモグするようになってきます。食材の硬さは絹ごし豆腐の硬さを目安にしましょう。ツブツブ状にすりつぶすか、みじん切りにすることがおすすめ。パサつく魚や肉にはとろみをつけてあげましょう。

ただ、なめこをはじめキノコ類は非常に繊維が多く、噛み切れずに誤飲に繋がる可能性も高いので必ず小さく刻んだ状態で与えましょう。

なめこの栄養素は?


なめこの素晴らしい栄養素

なめこの特徴ともいえるネバネバの正体は「ムチン」という成分によるものです。

ムチンは、たんぱく質の消化吸収を助け、肝臓や腎臓の機能を高めてくれます。

また、粘膜を強くしてくれるので風邪などウイルスが体内に侵入するのを防ぐことに繋がってきます。

腸内環境を整える働きをもつ「トレハロース」は免疫細胞を活性化させ、免疫力を高める働きがある「βグルガン」も含まれています。

食物繊維、カリウムも多く含まれており赤ちゃんに大切な栄養素を多く含んでいることがわかります。

便秘気味な赤ちゃんにはうまく離乳食に取り入れてあげたいですね♪

赤ちゃんにおすすめの栄養素は野菜にもたくさん含まれています♪離乳食におすすめの野菜や果物をこちらでも

まとめていますのでこちらもチェックを↓

離乳食初期に与える野菜や果物の進め方や順番は?

【離乳食|中期】に移行前に必ずチェックを!~生後7カ月~8カ月になる赤ちゃんがいるあなたへ~

なめこを離乳食に使うときの調理方法


なめこの調理方法

  • 調理前になめこを軽く洗う

なめこは生の状態でも少しネバネバがついているので汚れがつきやすくなっています。

なめこ特有のネバネバはムチンは水溶性で水洗いしすぎると成分が水に溶けて流れてしまいます。

洗う時には、さっと流す程度にしておくと良いですよ。

  • しっかり茹でて加熱する

なめこの過熱が不十分だと消化吸収に時間が掛かってしまう為赤ちゃんの体に負担が掛かってしまします。

殺菌という観点からもしっかりと加熱しましょう。

  • 小さく刻む

キノコ類は繊維が多く、咀嚼が未発達な赤ちゃんにとって繊維の多い物をすりつぶす事は難しいです。

誤嚥を防ぐためにも出来るだけ細かく刻みましょう。

ごはんにかけても、おつまみにしても! 「なめこの佃煮」 - 【E ...

なめこによる食中毒の可能性は?


なめこによる食中毒の可能性は低い

なめこが原因の食中毒で死に至る程重症化するケースは稀のようです。

生でなめこを食べた時に食あたりや下痢を起こすケースはあるようです。

しかし、このようなケースはなめこを生で摂取した時に起こりうるケースなので必ずお湯で茹でるか、耐熱皿に入れレンジでチンすることでなめこによる食中毒の可能性はぐんと下がります。

「ばい菌 イラスト」の画像検索結果

なめこの保存期間は?


なめこはいつまで保存できる?

生のなめこは2日程度ですが、離乳食等で加熱処理したものは3日程度保存が可能です

開封したなめこは密閉できる容器に入れて空気に当たらない状況で冷蔵保存しましょう。

冷凍保存したい場合はジップ付きの保存袋に入れてしっかり空気を抜いて保存します。

冷凍保存期間の目安は2週間~3週間です。

なめこは腐ってくると黒っぽくなりおかしな匂いがしてきます。

異常が感じられたら期間内でも捨てるようにしましょう。

なめこの保存方法

なめこは生のものでも、茹でたものでも冷凍保存することができます

冷凍してもあのぬめりは無くならないのでご心配なく!

生のまま冷凍する場合は、以下の処理を行いましょう。

1、石づきを切り落として、さっと水洗いする
2、水気をとり、一つずつばらけさせた状態で使う分ずつラップに包みます
3、ラップで包んだものを冷凍保存用の袋に入れて冷凍(3週間ほど保存可能)

離乳食用のなめこの保存方法

まずはなめこを茹でて赤ちゃんの食べやすい大きさに刻んでおきます。

きざんだものを、製氷皿やカップなどに1回分ずつ入れて冷凍してください。

食品の安全面を考慮し、1週間を目安に食べ切るようにしましょう。

なめこによるアレルギーは?


なめこでアレルギーが出るの?

なめこも食品である以上、アレルギーが気になりますよね。

ただ、政府が発表している「特にアレルギーになりやすい食品一覧」にも含まれていないことから、なめこは比較的アレルギーになりにくいと思われます。

しかし、報告例が少ないだけでなめこのアレルギーは存在するようです。

症状的には食後に口周りや口の中などが赤く腫れたりします。

また、赤ちゃんによっては身体中に蕁麻疹が出たり、鼻水や目の痒みというような花粉症に似た症状が出る場合もあるそうです。

初めてなめこを食べさせる際にはスプーン1杯から始めましょう。

このような症状がでた時にすぐ病院にいけるよう平日の午前中(9時~10時頃)に試すことをおすすめします。

まとめ


  • なめこは生後7~8ヶ月の離乳食中期(モグモグ期)頃からOK
  • 子どもの成長・健康に大切な栄養素が多い
  • しっかりと加熱し、細かく刻んだ状態で与える
  • なめこにもアレルギーがあり、口の中や周りが赤くなる事がある

なめこをはじめとするキノコ類は一年中栽培されており、手に入りやすい食材です。

離乳食を与える時に心配なアレルギーや食中毒といった症状が起こる可能性も少ないので離乳食にはおすすめの食材と言えるでしょう♬

小さな子どもがいる方におおすすめの記事はこちら。
赤ちゃん 離乳食
赤ちゃん スキンケア
赤ちゃん 睡眠
生活

 

Mi+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください