離乳食パン粥|いつから与える?与える前に抑えるべきポイント

このページをご覧になっているという事はお子さんの離乳食で【パン粥】を使いたいとお考えの事でしょう。

パン粥は野菜やその他の食材と合わせて調理しやすいので離乳食で活躍することでしょう。

今回は離乳食でパン粥を与えたいとお考えのあなたの為に、パン粥を使う前に押さえておくべきポイントをまとめます。

ぜひ、最後までご覧になってください♪

離乳食でパン粥を使えるのはいつから?


離乳食でパン粥を使える時期

パンは【離乳食初期の後半から】がおすすめ。

5ヶ月で離乳食をスタートした場合、6ヶ月になってからスタートするということです。

どんなパンでも大丈夫というわけではなく、パン粥を作るには添加物の少ない食パンをおすすめします。

パンには食塩が含まれているので早く取り入れる必要はありません。

全粒粉やライ麦を使ったもの、油脂の多く入ったものは、赤ちゃんには消化しにくいので避け、なるべく低塩で添加物が少ないものを物を購入し、与えましょう。

「赤ちゃん 7カ月」の画像検索結果"

パンに含まれる栄養素

  • 炭水化物(糖質)
  • タンパク質
  • ビタミン類(ビタミンB1,B2など)
  • カルシウム
  • 鉄などのミネラル

私たちの主食あるお米よりも含んでいる栄養素は沢山。

また、パンはカルシウム源となるミルクや乳製品、たんぱく源となる肉・魚類とも相性がよい食品です。

離乳食の中でいろいろな食品と組み合わせて食べることによって、バランスのよい食事をとることができます。

「食パン」の画像検索結果"

離乳食でパンを使う前の準備


離乳食でパンを使う前の下処理①

「食パン 耳」の画像検索結果"

離乳食でパンを使うときにはパンの耳は切り落としましょう

離乳食では様々な食材に慣れていくことが一番の目的です。

パンの耳は中の白い部分に比べ、硬さがありお子さんが食べにくく感じる事があります。

パンに慣れるまでは中の白い部分のみを離乳食で使う事がおすすめ。

離乳食でパンを使う前の下処理②

「食パン 耳」の画像検索結果"

切ったパンの耳は冷凍保存しましょう

切り落としたパンの耳は冷凍し、保存しておきましょう。

冷凍したパンの耳をすりおろして離乳食に活用することができるので捨てずに冷凍保存しておきましょう。

【離乳食|中期】に移行前に必ずチェックを!~生後7カ月~8カ月になる赤ちゃんがいるあなたへ~

【離乳食後期】の進め方|離乳食後期に移る前にこちらをチェック!

離乳食後期の食べないを解消|10の解決策~ママやパパに試してほしい事~

【離乳食】リンゴはいつから|リンゴは離乳食に最適!?

離乳食初期|10倍粥の美味しい作り方

離乳初期に必要不可欠な野菜ペーストの作り方

離乳食にパン使う前に押さえておきたいポイントはこちらにまとめていますのでぜひチェックしてください♪

【離乳食|パン】パンを離乳食に使う前にチェック

離乳食|パン粥の作り方


パン粥を作る手順

  1. 食パンを細かくちぎってお湯に入れて炊きます。
  2. 水分が足りないときは水をつけ足しながら調節します。

<材料>

  • 食パン(ミミなし) 20g
  • 水         80ml
  • ミルク       20ml

※ミルクは少し風味をつける程度で

基本はお湯で作りましょう。

パン粥|ミルクパン粥はいつから?


ミルクパン粥はいつから?

パン粥にミルクの風味をつける時には粉ミルクを用います。

パン粥と言えば牛乳で作るイメージがあると思いますが、最初はお湯や粉ミルクで作りましょう。

牛乳を用いるのは離乳食中期以降から。

まずは全量牛乳にするのではなく、少量ずつ牛乳を加えるところから始めましょう。

離乳食で牛乳を用いる際は必ず加熱したものを与えます。

また、アレルギー反応を起こす可能性もあるので注意が必要です。

飲み物として与えるのはお子さんが1歳を迎えてからがおすすめです。

「牛乳パック」の画像検索結果"

ミルクパン粥を作る手順

  1. 食パンを細かくちぎってお湯に入れて炊きます。
  2. 水分が足りないときはミルクや牛乳を足しながら調節します。

<材料>

  • 食パン(ミミなし)   20g
  • 水           50ml
  • ミルク・牛乳      50ml

離乳食|パン粥の冷凍・解凍は?


パン粥の保存方法|必ず冷凍保存を

パン粥を冷凍保存する場合は、でき上がったパン粥を

  1. ふた付きの密封容器・ジップ付きの袋に入れます。
  2. 粗熱を取り、十分に冷ましてから冷凍します。

冷凍したパン粥は1週以内に食べきるようにしましょう。

この時、ジップロックや容器の中の空気を抜き、出来るだけ酸素が入らないように注意しましょう

「パン粥」の画像検索結果"

パン粥の保存方法|パン粥の解凍方法は?

冷凍した離乳食は加熱をすることが基本です。

パン粥を解凍する時にも同様です。

パン粥を解凍した時に水分が飛び過ぎた場合はお湯や野菜を茹でて作ったスープなどで調整しましょう。

ミルクを使い、ミルクパン粥にすることもおすすめ。

パン粥を解凍するときに、ミルクや野菜を混ぜアレンジし離乳食のレパートリーも増やしましょう。

離乳食|パン粥でアレルギーのチェックを


パン粥でアレルギーチェックをしましょう

パンの中には様々なアレルギー反応を起こす食材が含まれている場合があります。

法令で規程されている特定原材料7品目の中の乳・卵・小麦が含まれていることが多いので注意が必要です。

あなたのお子さんが離乳食で初めてパン粥を食べる時にはアレルギー反応に十分注意されてくださいね。

初めてパン粥を与える時は小児科が開いている平日の午前中に与えるようにしましょう。

アレルギー反応には即時型反応非即時型反応があります。

即時型反応

食後2時間以内に意識障害や血圧低下などの全身性症状が出ること。

もし、このような症状が出た場合はすぐに病院へ行きましょう。

非即時型反応

食後6~8時間後に起こる遅発型と、1~2日後に起こる遅延型反応のこと。

自己判断で治療せず、必ず医師の診断を受けましょう。

アレルギー症状

症状としては蕁麻疹、むくみ、赤み、湿疹、咳、ぜん鳴(ぜいぜい、ヒューヒュー)、嘔吐、下痢、血便、意識障害や血圧低下など。

離乳食のパン|手作りするには・・


離乳食のパンを手作りする時におすすめの物

添加物の入っていないパンや、お子さんのアレルギーに対応したパンを手作りする時には多くの手間や時間、労力が必要になります。

離乳食用のパンを手作りする時に欠かせないのがホームベーカリーです。

このホームベーカリーについてはこちらの記事を参考にされてください♪

離乳食のパン|パン作り初心者でも簡単に作る為にオススメの商品

関連画像

離乳食用のパン|食材の購入はこちらがおすすめ


「生協 宅配」の画像検索結果"

離乳食にも大活躍のパンはこちらから

我が家でも活用しているのがこちら。

パルシステム おためしセット

一人で子育てをされてあるママさんがお子さんを連れて買い物に行くのはすごく大変ですよね。

生産者がわかる安心、安全な食材。

そして自宅まで届けてくれる。

ものすごくありがたいですよね。

安心・安全な食材を自宅まで届けてくれるという事でスーパーでのお買い物と比べると値段が高くなってしまうのがネックですが・・。

買い物の労力や時間の削減を考えると、価格相当の価値はあると感じています。

生協【pal☆system】の宅配は送料は無料です。

ご希望の方には資料(カタログ)を別途で届けてくれます。

離乳食に便利な食材やベビー用品を掲載したカタログ、アレルギーに対応したカタログなどもあり、赤ちゃんや小さいお子様がいらっしゃる方は手数料の割引などうれしい特典もあります。

資料請求だけでも、生協【pal☆system】の人気商品のプレゼントもあるのでこの機会にぜひご活用ください♪

資料請求は下のアイコンから行えます

宅配食材のパルシステム

離乳食|パン粥の量はどのくらい?


離乳食初期|パン粥の量は

使用するパンの分量目安(1日)は以下の通りです。

ゴックン期(5、6ヶ月)……1/4枚

その後はお子さんの様子に合わせて調節しましょう。

ただ、忘れてはならないのがパンには食塩や添加物が含まれているという事。

なるべく低塩で添加物が少ないものを物を与えましょう。

全粒粉やライ麦を使ったもの、油脂の多く入ったものは消化しにくいので避けましょう。

使用するパンの分量目安(1日)は以下の通りです。

離乳食中期|パンは粥の量

離乳食中期からは15g~20gを目安にしましょう。

〇モグモグ期(7、8ヶ月)……1/2枚

離乳食後期|パン粥の量

離乳食後期からは25g~35g。

〇カミカミ期(9ヶ月〜1歳)……2/3枚

離乳食完了期|パン粥の量

離乳食完了期からは40g~50g。

〇パクパク期(1歳〜1歳半)……1枚

※いずれも8枚切り換算。食パン一枚が約50gの目安です。

アレルギーの確認をしっかりと行い、お子さんの様子に合わせて量を調節しましょう。

離乳食|パン粥はパン粉でも代用可能


パン粉で作るパン粥

パン粥に慣れてきた離乳食後期くらいからパンではなく、パン粉からパン粥を作る方もいます。

パン粉を使う事で、お子さんの様子に合わせてパン粥の量を調整しやすいというメリットがあります。

パン粉パン粥の作り方

  1. パン粉にお湯を加え、ふやかします。
  2. ラップをかけ、約1分程蒸らします。
  3. パン粉粥の様子を見ながら粉ミルクや野菜スープで味付けをします。

パン粉にお湯を加えた後、レンジで20秒ほどチンすることでしっかりと熱を加える事が出来ます

「電子レンジ」の画像検索結果"

まとめ


  • パン粥は離乳食初期(後半)から使用可能。
  • 特定原材料7品目の中の乳・卵・小麦が含まれていることが多いのでアレルギーに注意を。
  • 量を守って少しずつ取り組みましょう。
  • 食品添加物が少ないパンを使う事がおすすめ。
  • 与えすぎには注意。米食の割合を多くすることを意識して。
  • 初めて与える時には平日の午前中に与えるのがおすすめ。
  • パン粥は出来上がったものを冷凍を。

という事を覚えておきましょう♪

この記事を読んでくださっているママさん、お子さんが無理なく離乳食に取り組んでいきましょう😊

離乳食作りを頑張るあなたにはこちらの記事もおすすめです♪

ぶりは離乳食に大活躍!?いつから離乳食に使うべき?

なめこを離乳食で与えて大丈夫?そんな疑問を抱えているあなたへ

離乳食で魚肉ソーセージが使えるのはいつから?

離乳食で里芋を与える前にチェック!

【離乳食】リンゴはいつから|リンゴは離乳食に最適!?

【離乳食|パン】パンを離乳食に使う前にチェック

離乳食【初期・中期・後期・完了期】に使えるお魚一覧

離乳食後期の食べないを解消|10の解決策~ママやパパに試してほしい事~

Mi+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください